取次店の仕組みを解説!代理店との違いは?

代表的な取次店であるコンビニ

代理店をする上で知っておきたい知識のひとつに、取次店や代理店、特約店などの様々な営業形態の意味や違いがあります。
日常生活でもっともよく耳にする言葉は「旅行代理店」などの「代理店」ですが、ビジネス界では「取次店」という言葉もよく使われます。
取次店と代理店は一体何が違うのか、他にも耳にする特約店や販売店にはどのような違いがあるのか、取次店を中心に詳しく解説していきます。

取次店とは

取次店(日本語:とりつぎてん、英語:Agency store)は、その名の通り「取次ぎ」をする店のことです。
「電話の取次ぎをする」という言葉がありますが、これは会社などで受付担当者が電話を取り、その後電話をかけてきた人が指定した人と繋ぐことを指します。
このように、一言でいうと取引の中継地点となる役割を担う店が取次店なのです。

取次店の例

取次店の例として最も分かりやすいのがコンビニエンスストアです。
コンビニは様々なサービスの取次店としての役を果たしています。
宅配便の集荷受取サービスがそのひとつです。

宅急便で送りたい荷物を直接宅配業者の営業所へ持ち込まなくても、コンビニに持っていけば受け付けてくれます。
また、通販で購入した物品の配送先を近くのコンビニに指定して、コンビニまで受け取りに行くこともできます。

このように、コンビニは私たち消費者と宅配業者を繋いでくれます。これが取次店の例です。
宅配業界の他にはクリーニング業界、出版業界などでよく利用されています。

取次店の役割となぜ必要なのか?

さきほど、取次店の例で挙げたように、宅配業界では取次店が積極的に利用されています。
その理由は、集荷の手間削減のためです。

宅配業界には「集荷」という、発送する荷物を集める業務がありますが、営業所に直接持ち込まれる荷物以外のものは全て集荷するしかないとなると、一軒一軒回っていかなければなりません。
営業所の近所の人ならば直接営業所に持ち込んでくれるかもしれません。
しかし、営業所から少し離れてしまえば、集荷をお願いする人がほとんどでしょう。

そこで、コンビニで集荷を受け付けてもらうことにより、荷物が1ヶ所に集まるので集荷の手間が大幅にカットできるようになります。
コンビニは取次店として手数料を受け取ることができます。

代理店とはどこが違うのか?

代理店と取次店の違いは取次店が取引の中継地点を担っているのに対し、代理店はメーカー(サプライヤー)から商品(サービス)を預かって代理となって販売します。営業から販売後の顧客フォローまで請け負っているため、取次店とは根本的に異なります。
取次店はサービスの取次ぎが完了した時点で業務が完了しますが、代理店は販売後のアフターフォローまでがその業務となります。

取次店・代理店・特約店・販売店・リファラル営業の違い

ここまで取次店について解説しました。
代理店との違いについては少し触れましたが、代理店ビジネスには他にも特約店や販売店など、混同しやすい言葉があります。
ここで今一度それぞれの違いを整理してみましょう。

取次店(とりつぎてん)

ビジネスの中継地点となる取次を担う店です。
宅配業界、クリーニング業界、出版業界などでよく利用されています。
取次が完了した時点で取次店の業務は完了となり、アフターサービスなどはおこないません。
例えばコンビニに預けた荷物が届かなかった場合、コンビニの方できちんと宅配業者に荷物を受け渡していれば、その後のことに対してはフォローする必要はありません。
消費者がクレームを入れるべき業者は取次店であるコンビニではなく、宅配業者となるわけです。

代理店(だいりてん)

商品やサービスを代理販売する店で、販売代理店とも呼ばれます。
携帯ショップや旅行ツアー、保険などでよく利用されています。
営業からアフターフォローまで担いますが、販売する商品やサービスそのものには責任を負わず、例えば商品やサービスに不備があった際にはメーカーやサプライヤーがその責任を負います。
トラブルが起きた際には代理店がアフターフォローをおこなわなければなりませんが、商品が不良品だった場合には責任を負いませんので消費者はメーカーに直談判しなければなりません。
また、収益は仲介した報酬となります。
商品を買い取って、それを売るタイプの販売店とは異なり、商品が売れたらそのうちの何割かをマージンとして受け取ります。

特約店(特約店)

メーカーやサプライヤーと特別な契約(特約)を結んだ卸売業者です。
この特約を結ぶことによって商品を独占的に販売できるメリットを受けられます。
ただし、競合の商品を店頭に置けなくなるなどの縛りがあるなど、デメリットもあります。
例えば、ヤマハの特約店として音楽教室を運営している楽器店では、ヤマハが製作したピアノを独占販売できますが、カワイなど他のメーカーのピアノを販売することはできません。
例で挙げたように楽器店、それから住宅資材、電子製品、食品や飲料など、幅広い業界で利用されています。

販売店(はんばいてん)

販売店は、代理店とよく混同されますが、メーカーから商品を買い取って自己の責任で販売します。
消費者はメーカーではなく、販売店そのものと契約することになります。
何かトラブルが起きた際には販売店が責任を負うことになります。
販売店の収益は手数料とはなく、売上金そのものとなります。代理店は代理販売してマージンを得ますが、販売店は商品を買い取って再販売するという仕組みのため、売上金が収益となるのです。
家電量販店などがこのタイプになります。

リファラル営業

リファラル営業とは、特定の商品やサービスを知人や取引先に紹介する仕事で、興味をもってもらったら企業に引き継ぎます。
見込みの時点で企業に引き継いで業務完了となりますので取次業務よりも簡単にできます。
また、取次店は法人であること、店舗があることが始められる条件なのに対して、リファラル営業は見込み客を紹介するだけですので、個人でもできる営業方法です。
やり方次第ではサラリーマンをしながら、副業でもできるので、最近よく耳にするビジネスワードです。

取次店を募集するには?

取次店や代理店を募集したいという方は、どのように募集すれば良いのでしょうか。

ひとつは、昔ながらの方法で自分の足で営業に出向き取次店や代理店になってもらえそうな法人にかけあってみるという方法です。
営業会社の知り合いが沢山いれば、この方法もありのなのですが、新規開拓となると、大変です。時間と労力、そしてお金もかかります。

今ではインターネットでの取次店や代理店募集など、インターネットを活用するという方法も良いでしょう。

その中のひとつとして、本サイト、FC/代理店支援センターをご活用いただくこともできます。
FC/代理店支援センターでは取次店や代理店の募集から取次店になりたい方を繋げる、商材情報サイトです。

取次店を募集したい、取次店を初めてみたいと考えている方は、当サイトもおすすめです。

まとめ

取次店を中心に、代理店、特約店、販売店、そしてリファラル営業について、その特徴や違いを解説いたしました。
ビジネスの場ではこれらの言葉がよく飛び交っていますので、話題にのぼった時にしったかぶりをしなくても済むようにしっかりと頭に入れておきましょう。
普段の生活でも「代理店」や「特約店」などの言葉を目にする機会は多いので、意識してみてはいかがでしょうか。
取次店、販売店は、その名前を掲げていない店舗がほとんどなので、こちらについても「これは取次店だな」「これは販売店かな」など、意識してみると発見があるかもしれません。
 

関連記事一覧